十三参りに行ってきました・・・ in 法輪寺 

連休中 実家の京都に帰ったので、京都の
虚空蔵 法輪寺

へ息子の十三参りに行ってまいりました。

まだ桜は咲いていませんでしたが、結構な人がお参りに行ってました。

法倫寺2法倫寺嵐山には観光客がたくさん!!

行きは、阪急電車で帰りは、嵐電(路面電車) にのってみました。

なんだかゆったりした時間が過ぎていきました。

嵐電

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

十三参り(じゅうさんまいり)は、旧暦の3月13日(現在では月遅れで新暦の4 月13日)の間、数え年13歳に成った少年少女が元服を迎え大人と成ったことに感謝して、これから先の万物の福徳と英知を授かるために、虚空蔵菩薩に参詣する行事。それで別名、知恵詣り、または、智恵もらいとも云う。初 めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着るが、事前に肩上げをしておいて着用する。帰宅するとすぐにほどく。必ずしも晴れ着でなくて良い。

半紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆でしたため供え、ご祈祷を受けて、帰りにはお守り・お供物を頂いて帰り親に感謝を述べる。お守りは身に つけるようにする。
参詣の帰路、本殿を出たあと、後ろを振り返ると、せっかく授かった智恵を返さなければならないという伝承があって、狭い長い石段を降リ切った鳥居を くぐるまでは、または渡月橋を渡り終わるまでは周囲の誘いにも動じず後ろを振り向かないで貫き通す習俗がある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私もその昔、お参りに行った時、あまりの人数に名前や住所を読み上げるのに時間がかかり、着もののまま、立ち上がり、こけて 帯がほどけて、着ものがはだけちゃたという悲しい思い出が・・・・

お参りに行くということに意味があるのかもしれませんね。
息子もはじめはいやいやでしたが、お坊さんの言葉をきき、大人に近づいたことを喜び、帰りには頂いたお守りやお札の袋を自慢げに持ってどうどうと歩いていました。

無事育ってくれてありがとう!!
スポンサーサイト
ライフスタイルアドバイザー“かよママ”がお送りする 整理収脳セミナー | Home | 「リバウンドしないシンプル整理術」心とお部屋のおかたづけ~基本編

コメント

はじめまして☆

こんにちは o(^▽^)o
七五三走っていましたけど
十三参り走りませんでした。
よろしく 応援  ポチ☆ ♪

2010/04/09 (Fri) 11:24 | jam #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する