アロマテラピーで心と体に潤いを・・・精油(エッセンシャルオイル)を使ってみましょう

アロマテラピーとは、ハーブなどの植物から摘出した精油(エッセンシャルオイル)などの
自然の香りを取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせたり、体の状態を
よくしていく自然療法のことです。

使い方を守り、上手にアロマオイルを使用すれば、病気になりにくい体を作ることが出来ます。
ただし、妊婦さんなどは医師に相談してから十分な注意を払い使用しましょう。
(また、医薬品ではないため、アロマテラピーだけに頼るのは望ましくありません。)


アロマオイルは、自分の好きな香りを使用しましょう。心地いい香りが、体にぴったりあうのです。
人工の香りと間違えないよう、100%pure ピュアのものを購入しましょう。
ビンの色は、茶色など、色のついた遮光性の高いものを選びます。できればアロマテラピーの
専門ショップで購入すると安心です。東急ハンズや雑貨屋さんでも購入できますが、
安全なものかを確認して購入しましょう。

特に、初心者の方におすすめなのは、ラベンダーユーカリです。

ラベンダーは、少量なら原液でも使用できるようです。
(日本アロマ環境協会においては、推奨されていない)。
私は、やけどの跡にぬったら、アロエと同じように、跡が残りませんでした!!
 (ただし、きちんと冷やしてから 自己責任で!)
基本は、お風呂の浴槽に数摘たらしたり、アロマポットで楽しむのが主流。
誰にでも好まれる香りです。

ユーカリは、抗菌効果・抗ウイルス作用などに長けていますので、風邪をひきかけたり、
のどが痛いとき 加湿器にアロマオイルを数滴たらし、部屋を加湿したり
 (アロマランプ・アロマディフューザーでもOK) ボールなどに沸騰したお湯をはって、
そこにアロマオイルをたらして、水蒸気を香るようすれば、とても簡単です。(絶対飲まないで下さい)

ホホバオイルなどで薄めて使用すると肌のマッサージも出来ます。
  

この写真のように、素敵な器に塩をひき、アロマキャンドルなどをディスプレイ。
その塩の中にアロマオイルをたらして楽しんだり、ハンカチにつけて、使用してもいいのです。
思った以上に簡単、是非試してみて下さいね。

仕事で書いている記事をコピペしてみました。
誰でも買える子育て住宅・高千穂の風
http://takachiho890.jp/archives/763.html
より転記しました。


スポンサーサイト
2011年10月31日(月) 京都コンサートホール 黄原直美&林真紀子withザルツブルガー・ゾリスデン室内楽コンサート おススメです | Home | 二世帯住宅のススメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する