FC2ブログ

夫のスペースは後回し

あっブログ更新も7日ぶり(T_T)
一日があっという間です。 

インスタやフェィスブックには、日々更新していますので、こちらもご覧くださいませー

6【はじめてのEvernote編】8月8日(水)10時半~★ 新たに募集開始しました。 残席1名です。
   ◀インスタで毎日更新中
佳世 ブログ用 この記事を書いているのは大阪北摂 豊中市 ライフオーガナイザー 西海佳世です 
外部セミナーや自宅レッスン、おかたづけ作業でDIYやデジタル・リユースを駆使した
【モノや情報・思考の整理】をお伝えしています
 
プロフィールはこちら6 
20? ブログ更新案内 500 160png


主婦ってホントやることがいっぱい。
子どもが小さい時は、自由になる時間を抽出することが難しく
子どもが大きくなっても、また違う用事が増え

ふぅーって一息ついたら、ああ片付けなきゃ


わーん
モノが溜まってるってことに気づく。


つい、子ども三人が優先順位が高く、息子たちの部屋を快適になるように
モノの厳選や片づけをしてきましたけど、よーく考えると、夫のスペースがない。


去年、パソコンの部屋 (我が家はリビングがないので、この部屋がリビング?)
の絨毯を引き替えたのと同時に、机の置き方を変えてみた。
もともとはこんな感じ

6年前



絨毯を引き替えた時
その時の様子はこちら

パソコンルーム (10)

置き方を工夫して、個室感を出してみました。

書斎1




右側が私のワークスペース兼主婦机


机 パソコンルーム 

自分だけのスペースが出来上がり (一畳くらいですが)
ご満悦。

ですが、まだまだある、仕事関係の資料や本。趣味や過去の栄光グッズに、山盛りのカセットテープやレコード(←死語?) (私のは全捨てしましたよ。だって聞かないもん。)


そこで、
長男が、就職で東京に行って早3ヶ月。
息子の空いてる部屋を、夫のスペースにすべく、数十年かけて、ためてきた、本や資料をすべてを一部屋に。

汗だくだく書きながら、天井裏から下ろしました。
(何度も、オーガナイズすすめましたが、老後の楽しみにって言ってたのです(T_T))

老後の楽しみって言ってることは絶対老後にはできない。
by 義母



義母の名言です。
若い時にできないしんどいことは、年取ってからなんて、やる気もパワーも体力もなくなるので全然できひんわ。
って言ってます。

見えないと忘れる。
でも置いておきたい。

必要かどうかは本人しかわからない。
だけど、片付けたい。

家族間でもそんな矛盾な片付けの悩みがありますね。
夫のものは、この25年、ちょこちょこ移動してみたり、まとめたり。捨てずに保管してました。

『これっている?』
と聞いては『いる!!置いといて。 』
チーン 撃沈(^_^;

を数十回繰り返す。

なので、今回はすべてのモノを集約して全体量を把握してもらおう。という魂胆。

もしかして、今仕事に利用できるものがでてくるかもね。
不要に気づいたら、手放してくれねるかもね。

『これいらんやん。俺なんでいるって思ってたんやろう。』 
に気づいてくれることを祈って、整理しましたよ。
押入れ収納 

なんとなく整ったので、これでいいわ。
になりそうな予感もありますが。。。

意識して厳選しないと、今後地震もありますし、重いものは極力減らしたいですね。


我が家の満杯だった天井裏 ほぼモノがなくりました。長い年月かかりました。
モノが多くて困っている方の気持ちすごくわかります。

悩んでる方は、ぜひお問い合わせくださいね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村 ランキングに参加中  
 

講師自宅 レッスン■
葉っぱ全レッスン案内はこちら夢を1        

BASIC 収納見学付き
1 【基礎知識編】 2 【基礎実践編】 3 【キッチン編】 4 【情報思い出アナログ編】
 

ADVANCE 7・12・13は収納見学付き 
5 【スマホで情報デジタル編】 6 【はじめてのEvernote編】 7 【簡単手作りDIY編】 8 【ライフスタイル編】 9 【思考を整理収脳 夢を実現編】 10【ヤフオクで捨てずにリユース実践編】 11【Evernoteスキルアップ編】 12【他者の片づけ 子ども&旦那さん & 親片編】 13【押入れクローゼット編】
※①~④ Vacic修了生は、⑤~⑫ 1レッスンごとに¥1,000- 割引きとなります。

講座お問い合わせ・お申込みはこちら
お片づけレッスンお申込みバナー
整理収納サービスお申込み


スポンサーサイト
植田恭子先生のクレイフラワー ワークショップ in アイトス様  | Home | 仕事じゃなくても資料作成しなくちゃいけないこともある。