「愛車の茅の輪くぐり」

昨日、実家に行くついでに、方除の大社 城南宮によってきました。

http://www.jonangu.com/">京都市伏見区の城南宮
http://www.jonangu.com/
車も夏越しの祓いと言う事で、交通安全願い、愛車も一緒に茅の輪くぐりしてきました。
http://www.asahi.com/national/update/0702/OSK200807020015.html
実は、電話で、母親から教えてもらい、南インターチェンジからすぐ。ということで、
行く事にしたのですが、

『火の輪くぐり』と聞こえたので、こんなイメージしていたんです!!
火の輪

アホでした!!

直径5メートルの茅(ち)の輪 の 「愛車の茅の輪くぐり」だったんです。

車ごと通り抜けてもらい安全を祈願する。
茅の輪(ちのわ)の由来
ほんとうはこんな感じ。
茅の輪くぐり


輪は鉄骨の骨組みにカヤを巻きつけた特大サイズで、観光バスや大型トラックもくぐれるそうです。
神主さんが施いらっしゃって、いったん車を止めておはらいを受け、お札を受け取ってから発進させるんです。

せっかくだからお参りして、なぜか、交通安全とぜんぜんちがうことをお祈りしてきました。
『内緒です』かないますように・・・
スポンサーサイト
洞爺湖サミット 環境問題 ニューウォーター | Home | らくうり ブランド子供服買取りnet

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する