平野 逸平先生 人権講演会 SNSの光と影 ソーシャルネットワークにおいて子どものしつけはどうすべき

この記事を書いている人
North-Blue 西海佳世整理収脳でココロとお部屋のおかたづけ
大阪北摂 豊中市のライフオーガナイザー  西海佳世です
ツイッター 西海佳世フェイスブック 西海佳世
外部セミナーや自宅レッスンでDIYやIT・リユースを駆使したモノや情報の整理・思考の整理をお伝えしています。 
 ⇒詳しいプロフィールはこちら  



先日の続きです!

息子の高校の保護者向けの講座、行ってまいりました。
とてもわかりやすく心に響く内容でしたので書かせていただきます。


[人権講演会 SNSの光と影]という題目で 講演を聞いてまいりました。
平野 逸平先生の講演でした

https://www.facebook.com/ippei.hirano?fref=ts 


講演  

平野先生は、ソーシャルメディアコンサルタントということで、ブログの炎上や企業のガイドラインなどを作ったり、ソーシャルメディアの活用支援なんかもされているようです。

ラインを使いすぎている息子たちがちょっぴり心配で、子どものためにと出席したのですが、
自分のためにもなりました。

先生は『Facebookのトラブルをキッチリ解決する本』 を書かれていて、
アマゾンコムで なんと一位になったこともあるそうです。


またまた読みたい本が出来てしまいました。

フェィスブック 使っている人と全然使ったことない人、登録はしたけど怖くて・・・と思っている人に分かれます。

フェィスブックは、アメリカ発で、日本の仕組みではないので、ちょっぴり戸惑うことがありますね。

本当に登録してもいいですか? とか何度も聞いてくれなくて、個人情報の流出になりかねない内容がすでにチェックが入っていたりして、あまり読まずクリックして進むと、自分の携帯の中にある友人たちのメールに勝手に案内メールが届いたりしてびっくりした人も私を含め、周りにも多いのです。

解除しようと思っても、ある程度のスキルで、そのページを見付け出さないと、ランダムにメールが送りつけられることもあるのです。

なので、こういった、よい活用方法とともに、気をつけなければならないことが書かれた本を読むことは、これからの時代、必要不可欠なのかもしれません。

私たちの子供たちは、どんどんSNSを利用していく世代です。
使ったらだめじゃなく、こんなふうに使うと楽しいよーと親子で話し合えることが一番なのかもしれません。

以前、小学校で、子供がネットを使うことで怖いことが起こる。。。
というような内容の講座がありました。どちらかというと、ソーシャルゲームの怖さやプリクラの機械にメルアドを入力する怖さなど怖いことばかりを教えられました。

もちろん、マイナスのことを知っておくべきではありますが、プラスのことも大事ですよね。
だって、スマホ なくてはならない時代に突入していますから、使ってはダメ!!

と言うのは、テレビを見ちゃダメと同じくらいになりつつあるのかもしれません。
私たちの時代にはなかった悩みですが、先生 曰く、ネット上のSNSツールをうまく使える人は、リアルな実社会でもコミュニケーション能力がある。とのこと

ネットが悪いのではなく、コミュニケーション能力が欠けているがために相手のことや見ている人のことを想像できずにトラブルに巻き込まれる。ということらしいのです。

フェィスブックやブログ、ツイッターなどで ちょっと書き込んだ文章で人生が狂ってしまった方もいます。
炎上 出会い系 いじめ ソーシャルゲーム ストーカーなど、さまざまなトラブルに巻き込まれることを怖がっているばかりでなく、子間で常に話をしておくことがトラブル回避につながるそうです。

親としてどうかかわっていくのがいいか

まずは自分で使ってみて子どもと会話して、話の中で私はこう思うけどどう? って言ってみたり、覚えておくべきルールを伝え、あたりまえのことをちゃんと守るようにと、伝える。

伝えて聞いてもらうためには、日頃の親子関係が大切なのかもしれませんね。

ルールについて 本当は全て書きたいところですが、先生に確認していないのですこし抜粋。


私が響いた言葉は、
『あなたがSNSに投稿した内容は、あなたの大切な家族が見たとき、微笑ましくなるものですか?』
『将来一緒になる大切な人や生まれてくる子供に見せても問題のないものですか?』


そして、あなたが送ったメッセージ 相手の親が見ても大丈夫と思う内容ですか?

これはダメ、あれはダメじゃなく、投稿前に立ち止まって考える。大切さを教えていただきました。
お年頃のお子さんがいらっしゃる方、ぜひこういったこと話し合ってみましょうね~

 
コミュニケーション能力をつけることがこれからの時代ますます大事
相手の立場に立って考えられる力もとっても大事

考えさせられる講演でした。
帰ってすぐに子達に話をしました。

すると3人とも、『そんなことわかってるしー 常識でしょ』って言ってましたが、きっと 今後SNSを使うときに、ハッと気づいて考えてくれるかも・・・と思います。


本日のネガポジ変換

(ネガティブなことを見方を変えてポジティブにすること) 

キッチンのレンジフードの汚れが急に気になり大掃除始めてしまいました・・ →  大量の食品を買出しに行き、帰ってきて収納するのに疲れ果ててしまっていたはずが、食事の片付けが終わりかけ、あとは床をふくだけ。
というとき、スイッチが入っちゃいました。

フィルターを使用しているので、換気扇はあまり汚れません
(プロペラファンなのでフィルターを使用していますが、シロッコファンの方は吸いが悪くなるのでフィルターしないほうがいいかもしれません。)
全面のフード 簡単に外れるのご存知でしょうか?
二箇所の固定具を外し持ち上げ、コンセントを抜くとはずれます。(築19年なので最新のレンジフードの作りは違うかもしれません。)

レンジフード→   レンジフード2

このように、油とホコリが絡んでべっとり 不要な服を切り刻んだ布地に石鹸をつけたもので吹き上げていきました。
重曹でもOKです。
ほっ、終了。

ついでに調味料棚と調味料のビン類をピカピカに・・・
年末のおおそうじが楽になりました。




ランキングに参加中
今日ポチッとご協力お願いします 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   

 
にほんブログ村  



ブログコンテンツ  
Homeprofile自宅講座内容募集中講座おかたづけサポートお問合せプライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記

SNS  
FacebookTwitterLINEブログ@LINE更新案内インスタグラム

スポンサーサイト
おかたづけ & リユースの効果 | Home | クローゼット収納 苦手分野から脱出 &  さよさんの片づけ力が身につく おうちレッスン 発売です

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する