コミュニケーションの必要性 

先日、お仕事の打ち合わせで、

方円社 の 安井 秀行様とお会いしました。
http://www.wellage.jp/categoly/all/adviser.html?id=2062&SES=70f800b43c11550972427938e2d2a

安井さん、すごくかっこいいので撮影させていただこうとおもっていたのにいつも忘れてしまいます。

で、サイトからいただいちゃいました。
安井さん


アスコエという、自治体に関する調査やユーザビリティーの事についてのサイトでお仕事させてい
ただいています。
asukoe -私の声で明日を変える
http://www.asukoe.org/

安井さんは、お忙しいのにもかかわらず、
遠くても、お会いして、顔見て話して、アイデアや、思いを伝えるというスタンスを持っておられます。

いつも、講演したりコンサルタントのお仕事で日本全国飛び回っていらっしゃるお忙しい方なのですが、

私なんかにも、きちんと言葉を伝えにきてくださいます。

メールや電話、時には、テレビ電話でお話することもあったのですが、やはり、
お会いして、目を見て話したり、ニュアンスを感じ取ったりすることは、とても大事だと感じさせられます。

メールでご依頼いただいていた内容にも、なかなかイメージが湧かなかったものの、
お話しているうちに、どんどんアイデアがわいてきます。

すごいですね。
ITの時代だからこそ、アナログなことが必要なのだとおもいます。

仕事だけではなくて、友人関係、親子関係、親戚関係、どれをとっても、言葉と言葉で、そして、

合ってしゃべって、ニュアンスや表情を感じ取って、関わっていく事がとても大事だと感じる今日
この頃です。

コミュニケーションってリスクが大きいから、めんどくさいから、なくなっていきがちですが、
人のことでも、家族の事でも、いっぱい話しあって、いやな思いをしたりけんかしたりしたことで

一段と深い付き合いができたり、相手の事を知る事ができたりするんですよね。
一段と大阪らしいベタなお付き合い大切にしたいとおもいます。
スポンサーサイト
街並みについて ストリートビュー | Home | エアコンクリーニングの達人に??

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する