人権教育講座を学んで・・・ プロフやモバゲーの裏事情 )゜O゜( ヒィィ(((。O゜)))(((゜O。)))

先日、小学校の人権教育講座を聞きに行きました。
滋賀大学教育学部 宮田 仁教授 のお話でした。


 宮田教授は「ナイフやフォークも使い方しだいでは、凶器になる。同様にケータイやネットも、適切に使えばコミュニケーションや学習を深める便利なツールですが、使い方を誤ると人の心を傷つけたり、自分が事件に巻き込まれてしまう、きっかけをつくってしまうことにもなりかねない」と指摘。

子どもでも簡単に情報発信できるネットワーク社会 「ネット社会の落とし穴には、被害者にも加害者にもなるリスクが潜んでいる 子どもが被害者にならないだけでなく、知らないうちに加害者にならないためにも、情報安全教育を親がきちんと学び、子どもに理解できるように伝えることが必要」とのこと

 掲示板での誹謗中傷やなりすまし、学校裏サイなどでのいじめ、個人情報の流出につながる「プロフ」などがあります。また、ケータイのゲームサイトなどに熱中するあまり、「現実世界の自分=仮の私、サイト上の自分=本当の私と考えてしまうようになるなど、リアルとバーチャルの区分があいまいになり、ゲーム脳のような状態になっている子どもも多くいる」ということです。

 こうしたネット社会のリスクを子どもに理解させることの大切さ。自分の若いころにはなかった、携帯というツールについてきちんと説明できるように学ぶことがいかに難しく大変であるか。日々新しい仕組みやシステムが開発され、よい方向に使われると思って作られている、ツールでさえも、中には、悪の方向に使われてしまうことも、多々あるとのこと。

たとえば、
http://www.google.co.jp/help/maps/streetview/">グーグルのストリートビュー http://www.google.co.jp/help/maps/streetview/

おもしろグーグルマップストリートおまとめサイト

自分の家が、しっかり写っていることに恐怖を感じつつも、楽しく見てしまったりしている私・・・
でもでも、利用者の中には、かなりストーカーが多いとか・・・(怖いコワイ)

また、小学生や中学生が利用するテレビでも話題になっている
『プロフ』

前略プロフィール
http://pr.cgiboy.com/
このサイトは、楽天の運営らしい・・・
で、オススメの方法が・・・、他の学校にもお友達を作りませんか?

素直な子どもほど、まじめに、個人情報を答えてしまうんですよ。

また、最近のプリクラはネットと連動していて、
友達に送ろうー
といううたい文句に素直に小学校名 名前なんかを登録し、送ったり 赤外線通信を利用して、
自分の携帯に送ったり・・・・

これが流出 メルアドや名前 学校にクラス名 + 顔写真 などが、インターネット上のロボット検索に引っかかり、全世界に配信されるということもありえるそうです。

こどもの名前をイメージ検索してみたら、きっと出てくる人がいるかもしれません・・・・・とのこと。

現に、芸能人の(私は知らなかった・・・)菊地彩香さん が 彼氏とプリクラで撮影した写真がネット上に流出してしまい、AKB48 のブログが炎上するなど、問題になったAことで、KB48 から 解雇 されたらしいということです。

http://blog.manabiyahonpo.com/archives/category_idol/_akb48/

それと、名前は知っているけれど、使ったことのなかった、
ケータイ総合ポータルサイト『モバゲー』 みんなのケータイ・ポータルサイト! モバゲーTOWN
http://www.mbga.jp/.pc/
http://www.mbga.jp/.pc/
これも、無料でできるゲームに隠れて、とってもこわーい仕組みがあるようなんですね。

無料でゲームする
   ↓
誰かと無料でゲームする
   ↓
誰かとゲームをしながらチャットする
   ↓
はじめにもらったポイントでアバターを作成 
(アバターとは? アバターとは顔、髪型、服そうなどあなた好みの格好をしたあなたの分身をインターネットで作るサービスです。 )
   ↓
世界に一つしかない、自分だけのアバターを作りたくなる ポイントで着せ替え モバ整形なんかもあるらしい
髪型や、メイクも変えられるんです。
   ↓
ポイントがなくなる
   ↓
アフィリエイトを薦められる(誰かがここから買い物をすることで、会社側の収入に)
   ↓
誰かを紹介したらポイントがもらえる (みんながはまっていく)
   ↓
アバターを自分の分身と感じて、携帯依存になっていく
   ↓
モバ彼 モバ彼(かの) などを掲示板で募集 ネット上だけの恋人なんかが生まれる
   ↓
事件に発展したり、ゲーム脳になったり、勉強が手につかなくなったり、

本当の直接あってのコミュニケーションをとることが出来なくなったり・・・

アバターの悪口を言われきれたり けんかになったり 

ソーシャルネット(人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型の会員制のサービス)を利用するような、
掲示板・チャットサービスにはまり、閉鎖的に見せかけたサービスのため開放的になり、詐欺にあったり、事件にあうこともあるのです。


自分でセーブできる大人な人が利用するには、暇つぶしや、たのしみ、ストレス解消に役立つのかもしれません。でもでも、
まだまだ未熟で、脳も発展途上の子どもたちには????

らしいのです。

IT関係の仕事をしている私にとって、いかにサイトを見てもらうか?
どうやったら心に響く文言をちりばめられるか?
人に役立つサイト作りはどうすれば?
ということに、日々悩んでいます。

http://seolab.capoo.jp/seo/what_is_seo.html)">SEO対策(http://seolab.capoo.jp/seo/what_is_seo.html
のためにみんなが必死なのです。

ですが、子どもたちを巻き込んで無料から入り、ソーシャルネットワークを利用、広告収入などにつなげていくというのは、少し邪道な気がしてなりません。

すばらしい仕組み、システムは認めたいところですが、それを使って
子どもたちがどうなってしまうか? 日本の未来は? ということをもう少し考えて、能力のある、
IT関連の関係者は仕組みづくりをしてほしいと思います。

携帯に関しては、よくわかりませんが、パソコンのゲームもそのようなものが多々あるんですね。
うちの子も、一瞬ですが、はまってしまったパソコンゲーム それは、子どもいわく、お金をつぎ込むと、武器を買えたり、武装を着せ替えたり、そして、チャットや待ち合わせなどが出来るらしいのです。
ゲームでポイントをあげるために、お金をつぎ込むのです。ちょっとおかしいですよね。

ただ、作っている側がすべて悪いわけでもなく、親が現実にどんな物が出回っているか。
なぜ子どもに使わせてはいけないのか?
そんなことを知識としてもち、子どもと話し合うこと大切なのかもしれません。

どんどん新たな、仕組みが出来てくるので、グレーゾーンが広がっているのです。

携帯の場合は持たせるときが命のような気がします。
きちんと説明しないまま、携帯を使い始めてしまうと、パケットの料金がすごくなり、一ヶ月5万10万という人も少なくないのです。
携帯を持たせる時も ハイっと渡すのではなく、お店にいっしょに行って、どのくらい使うと、どのくらいの料金がかかるか。上限を決めて使えなくする仕組みを利用するなどして、お金の使い方をきちんと意識させることも必要かもしれません。

お母さん方、私、よくわからないし。。。。なんていっている場合ではないですよ。
親がしっかりしなきゃな、と思います。

親も子も、ネチケット(コンピュータネットワーク上で必要とされるエチケットやマナーのこと)を学び、デジタルの便利さを利用するからこそ、アナログな感覚を今まで以上に大切にしたいものです。

インターネットの便利さは、他の人以上に知っているつもりです。だからこそ、ネットってこわいと思われてしまうのはとても残念です。

高齢化社会になればなるほど、自宅で、色々なことが出来てしまう、インターネットは、とても便利なはずなのです。
ネットバンク・メール・オークション・ネットショッピング・Q&Aサイトで情報収集・趣味の合う人を見つける・ネットを利用したマッチング(就職)・病気や病状の診断、情報収集。
料理のレシピ
書いても書いてもキリがありません。

様々な仕組みを作っている企業のモラルと使う側の理解がとても大切だと思います。
スポンサーサイト
FMV富士通【美ノート】暁(あかつき)FMV-BIBLO NF/D70N レビュー完成っ!! | Home | ソフトバンク携帯買いましたぁー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する